HOME>コンセプト>歴史

歴史|History

旧貴族・東伏見邦英伯爵の別邸として建てられた、横浜市認定の歴史的建造物「貴賓館」。

磯子の丘陵の頂に現存する、気品溢れる建物。これが、いまから約70年前に建てられた「貴賓館」です。
1937年(昭和12年)、昭和天皇の義弟にあたる東伏見邦英伯爵が別邸として建築。磯子の丘を愛し、ここでの日々を謳歌されました。そんな歴史的価値を「貴賓館」として保存。いまも丘上のシンボルとなっています。

※東伏見邦英氏(1910年~):元伯爵。現在は京都仏教会会長で青蓮院門跡名誉門主である。

当時の写真1 当時の写真2

50年間愛され続けた磯子の象徴として、頂上から海を見晴らす、憧憬の丘。

1960年開業。横浜プリンスホテルが築いた華やかな歴史。

東伏見邦英伯爵の別邸を貴賓館として保存し、歴史に彩られたこの地を継承して1954年に開業したプリンスホテルは、社交界の舞台として華やかな歴史を飾ります。そして地元の人々にも愛され、磯子のシンボルになりました。
1990年には建築界の重鎮・村野藤吾氏の設計で客室441室、宴会場32室の大規模ホテルとして生まれ変わりましたが、2006年に50年余の歴史に幕を閉じます。

当時の写真3 当時の写真4

伯爵邸から横浜プリンスホテルへ。歴史の記憶が刻まれた、海抜61mの頂。

貴賓館の歴史 クリックで拡大してご覧いただけます。

1954年横浜プリンス会館開業時
1954年開業当時の横浜プリンス会館
1954年貴賓館
2006年横浜プリンスホテル空撮
2006年プリンスホテルの室内
2006年プリンスホテル最終日
2011年貴賓館

磯子周辺の歴史 クリックで拡大してご覧いただけます。

1950年屏風ヶ浦海岸
1955年屏風ヶ浦駅前
1958年横浜開港100周年
1958年アジア大会聖火リレー
1964年根岸線開通
2006年プリンスホテルからの夜景
2006年通称プリンス坂桜並木