HOME>コンセプト>丘に住む

丘に住む|Hilltop

磯子の丘の上で堪能する360度パノラマビュ―、眺望を満喫できる丘。

  • パノラマビュ―広域眺望画像1
  • パノラマビュ―広域眺望画像2
  • パノラマビュ―広域眺望画像3
  • パノラマビュ―広域眺望画像4
パノラマ画像左手みなとみらい方向・右手富士山方向

壮大な景色に囲まれた「Brillia City 横浜磯子」。
東側に横浜湾、西側に富士山、北側にはみなとみらい、そして南側には豊かな森の向こうに三浦半島までが望める風光明媚な場所です。
その眺望を最大限享受できるように13のレジデンス棟を配棟。それぞれに趣の異なる、美しい景色が見渡せるように建てられています。
窓から広がる風景が日常を彩り、家族のかけがえのないシーンとなります。

※ 眺望写真は貴賓館より撮影(平成22年11月)した写真とCGを合成したもので実際とは異なります。

磯子の丘の上で堪能する360度パノラマビュ―

丘の上の地形を活かし、海と空と緑と風を感じながら毎日を過ごすことができます。
この気持ちのいい開放感が日常となり、家族にとってかけがえのないシーンとなります。

富士山方面 三浦半島方面 ベイエリア方面 みなとみらい方面

グランドエレベーター

丘のふもとから頂上まで、約60mを一気に昇る専用エレベーターを設置。JR磯子駅から徒歩4分※の場所にあるグランドゲートが入口に。駅から坂を登ることなく、丘の上にアプローチできます。

※ 磯子駅よりグランドゲートまで約280m。A棟~M棟各エントランスまで磯子駅より6分~10分。エレベーターの待ち時間・利用時間は含みません。

アプローチ概念図

グランドエレベーターで頂きへ。特別な日常へのアプローチ。

グランドゲート
グランドコリドー
エレベーターホール
シーフロントデッキ
シーフロントデッキ越しに横浜港を望む

緑の丘の上に優雅にそびえ立つ「Brillia City 横浜磯子」。
華やかな暮らしの舞台へのプロローグは、丘のふもとから始まっています。JR磯子駅から徒歩4分の場所に設けられたグランドゲート。
そこには、まるで湧き出た清水が丘の上から流れ落ちてきたように、水の壁が清涼な空気を生み出しています。
季節の花に沿って足を進め、中へ一歩踏み入れれば新しい暮らしの入口が待ち構えています。
先進のフラッパーゲートを抜けて、洗練されたコリドーを柔らかい光に包まれながら歩くと、その先に待つのは4基の24人乗りエレベーターです。
そして、一気に丘の頂へ。かつて、限られた人々しか立ち入ることのできなかったこの地を、駅から数分で結びました。※

※ 磯子駅よりグランドゲートまで約280m。A棟~M棟各エントランスまで磯子駅より6分~10分。エレベーターの待ち時間・利用時間は含みません。

エレベーターを降りると、日常は一変する。

RESIDENCE-I・J棟 エントランス
アプローチロードより貴賓館を望む
敷地上空より貴賓館を望む

約60mの高さをエレベーターで一気に上り、丘の頂へ。そのわずかな間にあなたを取り巻く日常は一変、大きく開かれた視界が待ち受けています。
シーフロントデッキから横浜港を眼下に望みながら、この景観を毎日楽しめる贅沢を満喫。
人々を迎えるレジデンス棟のエントランスは、素材や風合いにこだわり上質感を追及するなど、細部に至るまで個性的な装いに仕上げられています。

貴賓館に出迎えられて、この街に暮らす誇りが満たされる。

貴賓館の画像

この土地の記憶のシンボルとして、かつての栄華を今に伝える貴賓館。
見るだけで人々の気持ちをも落ち着かせる佇まいは、移りゆく歴史に磨かれてきたものだけが身にまとうことのできる風格なのかもしれません。
貴賓館の足下に設けたのは、あたかも丘から湧き出たように滝が流れ落ちる壁泉。
そして土地の記憶を新しい街並みへと受け継ぐように、ここから波紋のモチーフがダイナミックに広がっていきます。
また、夜には美しくライトアップされ、水景の中に幻想的に浮かぶ貴賓館が優雅な空間をつくり出します。