HOME>構造・セキュリティ>災害対策

災害対策|Disaster

日常、災害時、災害後の状況を想定して対策。

万一の時に被害を少しでも小さく抑えられるように、日常の準備を怠ることなく、そして災害発生時、災害後の対策にも配慮しています。「Brillia City 横浜磯子」は、1230世帯を守るための厚い備えを施しています。

GOOD DESIGN AWARD 2011 受賞ロゴ

防災対策

平常時

オリジナル防災マニュアル

非常時に対応するためのきめ細かな防災マニュアルを居住者の方のために用意。ブリリア独自の「防災対策ガイドライン」は、2011年度グッドデザイン賞を受賞しました。

防災マニュアル

災害時対策

災害時

緊急地震速報発信システム

緊急地震速報を各住戸のインターホンから発信。大きな揺れが来る前に危険を速報します。
※ 直下型地震や震源が近い場合には、速報が間に合わない場合があります。

緊急地震速報端末

AEDを共用部に設置

突然心停止状態に陥った時など、心臓に電気ショックを与えて正常な状態に戻す医療機器です。共用部に設置しています。

AED設置イメージ写真

災害後対策

災害後

防災井戸+WELLUP

非常時の水を確保するために敷地内に防災井戸を設置。非常用飲料水生成システムWELLUPも用意し、飲料水の供給にも備えています。

WELLUPの参考画像

風力発電で携帯電話充電

通常時は外構照明に利用されていますが、非常時には携帯電話に充電ができるようになります。

風力発電の参考画像

ベンチ炊き出しかまど

万一の時にはかまどになるベンチを配しています。

ベンチ炊き出しかまどイメージ

防災風呂

万一の避難生活の時に活用できる防災風呂も備えています。

防災風呂の様子

自家発電装置による電源確保

停電の際の一時的な自家発電供給源として非常用発電機を用意。発電された電力の一部は共用部に活用されます。

防災備蓄倉庫

大災害に備えて防災備蓄倉庫を設けています。救急セット、災害用マンホールトイレ、ヘルメット、簡易トイレなどを用意し万一に備えています。

防災備蓄品参考画像

専有部

耐震ドア枠

地震などによりドア枠が圧力を受け変形した場合でも、一定の変形量であれば開閉を確保できます。

耐震ドア枠イメージ

遠隔監視

住戸に設置された感知器が火災を感知すると、警報を発すると共に警備会社に自動通報します。

感知器イメージ

耐震ラッチ(キッチン)

万一の地震の際に扉をロック。キッチン吊戸棚の中の物が飛び出さないようにします。

耐震ラッチ参考写真

オリジナル防災リュック

折りたたみ椅子にもなる防災リュックを各住戸に標準装備します。

防災リュック参考写真

家具転倒防止用壁下地

家具を壁に固定できるようキッチン、和室の壁に下地を設けています。

家具転倒防止用壁下地概念図

ガスコンロ

使用中に火が消えても、安全装置によりガスの流出を停止します。

ガスコンロ参考写真

想定される被害と向き合い、安心安全に暮らせる街、住まいが今求められています。

安心してブリリアシティ横浜磯子に住んでいただくために。マイホームを検討される際、是非知っておいて頂きたいこと… 首都圏直下型地震被害に備える!災害に強い物件選び!!

ポイント1 津波に強い

海抜60mの高台立地

災害時大きな被害をもたらす津波。河川や海に近い場所ではこうした津波被害を想定し、安全な場所で暮らす事が大切な家族や資産を守る事にもつながります。

立地概念図と津波浸水予想図 津波の被害に強い高台立地

ブリリアシティ横浜磯子は、海を見晴らせる海抜60mの開放感溢れる高台に誕生。
神奈川県、県土整備局の津波浸水予想図で被害の可能性が極めて低いエリアとして発表されています。

ポイント2 液状化に強い

年代の古い安定した地盤で形成された立地

地震の発生に伴い、湾岸部や埋立地などは液状化の被害が発生することがあり、生活に大きな被害を与えることがあります。建物の立つ土地はどういった地盤なのか?マイホーム購入の前に是非調べてください。

磯子周辺 戦後埋立エリアMAPと液状化危険度MAP 液状化の心配が極めて少ない立地

横浜市消防局発表の横浜市地震被害想定調査において、液状化の心配が極めて少ない場所に指定されております。
丘を形成する強く、安定した地盤に加え、海沿いエリアと地盤構造も異なります。
「震災時の液状化被害」の危険度が低く安心して暮らすことができます。

つまり! 住宅地として恵まれた環境を持ちながらも、津波・液状化被害など、万が一の災害にも強い立地が大切な家族や資産を守ります。

ポイント3 二次被害・ライフラインの寸断に備える

防災機能を備えた街づくり Ⅰ)防災用広場になる広大な空地

敷地の約75%が空地になっており、災害時の一時的な避難場所(防災用広場)として機能します。
また防災備蓄倉庫が敷地内に14ヵ所配置されています。
その他、敷地内には風力・太陽光を利用した外灯、井戸、かまどベンチなどが配置されています。

Ⅱ)2次被害として想定される「ライフラインの寸断」への備え

震災の直接的な被害の他に電気・ガス・水道など生活を支えるライフラインの寸断など深刻な2次被害が発生する恐れがあります。
事実、都市型地震として、過去に発生した阪神淡路大震災では、こうしたライフラインの確保の難しさが露呈されました。
「ブリリアシティ横浜磯子」では大規模開発のメリットを活かし、万が一の災害時、こうしたライフラインの一定の確保を考えた街づくりを行っております。

大規模開発のメリットを活かした各種対策「電気の確保」「生活用水の確保」「生活に備えた設備」
つまり! ライフライン寸断時にも各種の防災設備が大切な家族の暮らしを支えます。

ポイント4 建物内の防災対策

Ⅰ)地震に強い建物を実現する確かな技術と耐震対策。
■ 地震に強い建物を実現する確かな技術と耐震対策。 様々な調査を綿密に実施し、杭をしっかりと打ち込むための地盤となる支持層に確実に支持杭を施工しております。
※ 地盤および杭の長さについては各建物によって異なります。
■ 大きな地震にも耐えぬく丈夫な柱を作るために。 鉄筋の継ぎ目を溶接した溶接閉鎖型せん断補強筋を採用。コンクリートを帯状に拘束し、大地震時にも柱を粘り強く支えます。
Ⅱ)各住戸にもしっかりとした防災対策を。
■ 緊急地震速報 気象庁の緊急地震速報を共用部の機器で受信・解析し、各住戸のインターホンから音声と画面表示で警報を発信します。
■ オリジナル防災リュックを全戸装備 折りたたみ椅子にもなる防災リュックを各住戸に標準装備しました。
■ 耐震ドア枠 地震などによりドア枠が圧力を受け変形した場合でも、一定の変形量であれば開閉を確保できるため、閉じ込められるなどの被害から逃れられます。
■ 耐震ラッチ 万一の地震の際に扉をロック。キッチン吊戸棚の中の食器などが飛び出さないようにします。
Ⅲ)災害時に安心の豊富な防災設備を採用。
■ 防災備蓄倉庫(敷地内14ヵ所)と自家発電装置 大災害に備えて防災備蓄倉庫を敷地内に14ヵ所設けています。救急セット、災害用マンホールトイレ、ヘルメット、簡易トイレなどを用意し万一に備えます。また、自家発電装置もあり、発電された電力の一部は共用部に活用されます。
■ 災害対応型自動販売機の設置 住区内はすべて災害対応型自動販売機とし、大地震などでライフラインが被害を受けた場合には、自動販売機内の飲料水が「無償提供」に切り替わります。
■ 遠隔監視・緊急対応 ALSOK(綜合警備保障)と提携したセキュリティシステムを導入。
住戸内で火災・侵入などの異常が発生した際には、ALSOKガードセンターに警報、すばやく対応します。また、共用部の非常ボタンにより緊急通報ができます。